アコムのサービスに注目

カードローンを利用する際に気をつけたいこと

カードローンを利用する場合、総量規制の法律により申し込み者の年収の3分の1以上のお金を借りることができなくなりました。

 

しかしこの総量規制の法律は、賃金業法の中の法律なので賃金業者に属していない銀行や信用金庫、労働金庫などは対象外になります。そのような理由で、銀行のカードローンは総量規制の法律の対象外になるので年収の3分の1以上の借入れをすることができます。消費者金融は賃金業者なので年収の3分の1以上の借入れをすることはできません。

 

そうなると銀行の方が多くお金を貸してくれると思ってしまいますがそうではありません。逆に銀行の方が審査に慎重ですし、小口の融資でも収入証明書の提出を求められるケースがあります。

 

収入証明書とは源泉徴収票や所得証明書などの収入がわかる書類のことです。消費者金融の場合でも50万円以上の融資の場合は、収入証明書の提出が義務付けられています。

 

したがってもし銀行か消費者金融かどちらのカードローンを作ろうか悩んでいる時は、返済能力があって審査にも通る自信があれば銀行系のローンを選ぶのがいいでしょう。

 

逆に審査に通るか自信がなく、小口の融資で大丈夫な場合は消費者金融でカードを作るのがいいでしょう。消費者金融の中でもモビットの借り入れ条件は比較的優れているため、金利を気にする方はモビットに注目です。